校長挨拶

   豊かな自然に囲まれた環境の中、登校してきた子どもたちの元気な挨拶から一日が始まります。素直で優しい子どもたちが、これからの時代を主体的に生き抜いていけるように、「確かな学力」「豊かな人間性」「健やかな体」の育成に全力で取り組んでまいります。また、地域と連携・協働しながら地域全体で未来を担う子どもたちの成長を支えていけるように、「地域とともにある学校づくり」を一層、推進していきます。よろしくお願いします。                                       

                                              平成31年4月1日                                    

                                              富岡市立黒岩小学校

                                                校長  清水 賢治

 

 

 

 

 

教育目標

(1)基本目標
 夢や希望を持ち、自ら考え、正しく判断し、実践できる、心豊かでたくましい「黒岩っ子」の育成

(2)具体目標
「明るい子」  
規範意識をもち、礼儀正しく、心豊かな子供

「強い子」  
心身ともに健康で、進んで体を鍛え、粘り強くやり抜こうとする子供


「考える子」  
夢や希望をもち、自ら学び、自分の考えを高めようとする子供

「助け合う子」  
思いやりがあり、誰とでも仲良く、助け合って行動しようとする子供

 

経営方針

 子供のよさや可能性を伸ばすことを最大の目標とし、全教職員の共通理解の下、一貫した指導を推進する。

 地域の特色を生かした教育活動を行い、地域と共に歩む学校を目指し、家庭や地域から信頼される学校をつくる。


 【キーワード「よい習慣」「自分で みんなで」「地域に学ぶ」】

 

(1)【生きる力を育む指導の充実】

 「確かな学力・豊かな心・健やかな体」をバランスよく育み、自立し共生できる児童を育成する。

 

(2)【地域に根ざした信頼される学校づくり】

 保護者、地域、関係諸機関との連携を深め、地域に根ざした信頼される学校づくりを推進する。

 

(3)【活力ある学校づくり】

 教職員一人一人の特性を生かした全教職員経営参画による活力ある学校づくりを推進する。

 

 

(4)【安全で安心な学校づくり】

 危機管理と環境整備に努め、安全で安心な学校づくりを推進する。

シリーズ黒岩探訪

黒岩探訪web版

お知らせ シリーズ黒岩探訪 バックナンバーの紹介

「シリーズ黒岩探訪」バックナンバーの紹介

目次 青字「黒岩探訪〇〇」をクリックしてください。)

 黒岩探訪48 →310322 黒岩かるた小冊子 をよろしく

 黒岩探訪47 →310313 共和公会堂の石造物

 黒岩探訪46 →310227 石造物集中地区 

 黒岩探訪45 →310213  寒中の候

 黒岩探訪44 →310129  黒岩の地層・地盤

 黒岩探訪43 →310107  黒岩小のお宝 黒岩かるた

 黒岩探訪42 →301221  黒岩小のお宝 黒岩地区の紙芝居八冊

 黒岩探訪41 →301214  黒岩の小字名4「畑」関係

 黒岩探訪40 →301127  おおかみの霊を祭った新田山神様

  黒岩探訪39 →301113  黒岩の小字名3「川・用水」関係

 黒岩探訪38 →301029 黒岩の小字名2「十王山」

             小字名「十王山」と名所「城山」    

   黒岩探訪37 →301012 砂田西の石造物群

 黒岩探訪36 →300926 オオツノシカの化石骨② -出土記念碑 鑑定書 出土記録-

 黒岩探訪35 →300912 古墳 -黒岩地区の古墳と富岡5号古墳出土埴輪-

 黒岩探訪34 →300827 黒川小塚遺跡-弥生時代のお米-

 黒岩探訪33 →300720 昭和10年の大水災

 黒岩探訪32 →300711 民話・語り部かぶらの里

 黒岩探訪31 →300628 ホタル観賞の夕べ

 黒岩探訪30 →300612 蚕神「絹笠大神」

 黒岩探訪29 →300529 黒岩の小字名1「谷津」「田」

 黒岩探訪28 →300515 富岡しゃくやく園

 黒岩探訪27 →300427 黒岩大日尊の石造物

 黒岩探訪26 →300323 黒岩村の(小)字名 

 黒岩探訪25 →300312 吾妻の「黒岩」姓

 黒岩探訪24 →300227  赤城神社・黒岩神社

 黒岩探訪23 →300209もえ上がる 炎にねがう どんど焼き

 黒岩探訪22 →300126 黒岩小周辺の気候の特色(冬の気温編2) 

 黒岩探訪2号関連 →300123『高林城で確認した遺物「かわらけ」について』

 黒岩探訪21 →300109 黒岩小周辺の気候の特色(冬の気温編1)

 黒岩探訪20 →291222 黒岩小学校の歴史

 黒岩探訪19 →291212 辻の道標

 黒岩探訪18 →291128 佐藤茂助翁と二宮金次郎像

 黒岩探訪17  →291114 デキ型電気機関車2号機

 黒岩探訪16  →291027 遍照寺・大日尊

 黒岩探訪15  →291013 盛んだった黒岩村の養蚕業 

 黒岩探訪14  →290926 ねがいこめ百庚申の行者塚(機足百庚申)          

 黒岩探訪13  →290913 ユリノキ

 黒岩探訪12  →290828 真っ白な南極めざす本多艦長 

 黒岩探訪11  →290815   黒岩小学校の沿革

 黒岩探訪10  →290720 黒岩つつみ 及び 谷津 2

 黒岩探訪  9   →290718 黒岩つつみ 及び 谷津 1

 岩探訪  8   →290711 機足の由来を語る織姫塚

 黒岩探訪  7  →290627 養蚕の面影残す北村家

 黒岩探訪  6  →290622 オオツノシカの化石骨

 黒岩探訪  5  →290612 西毛自動車教習所

 黒岩探訪  4  →290529 正嘉銘板碑

 黒岩探訪  3  →290515 火山豆石 あまだれ石

 黒岩探訪  2  →290425 高林城

       →290616 高林城  追加記事

                        →300123  黒岩探訪2号関連『高林城で確認した遺物「かわらけ」について』

 黒岩探訪  1  →290410 北甘楽郡史 本多亀三氏

 黒岩探訪掲載にあたって

 各ページを見る場合、青字「黒岩探訪〇〇」をクリックしてください。

 その上で、もとの黒岩小だより記載の「黒岩探訪」の記事を確認したり、読んだりしたい場合、各記事の頭にある
  シリーズ黒岩探訪〇「〇〇〇〇」→ 「pdfファイル」
 この「pdfファイル」をクリックしてください。

 左のメニューの中、『▶校長室より・黒岩探訪』の下層にある『▶シリーズ黒岩探訪』をクリックしていただき、該当の記事を確認することもできます。
 ご覧の上、よろしければ関心をもてた記事について「ボタン」押してください。

 

NEW シリーズ黒岩探訪47  → 共和公会堂の石造物

シリーズ黒岩探訪47  → 共和公会堂の石造物 47kyouwakoukaidou.pdf

注目は、左の「如意輪観音座像」です。蓮弁に座る姿になっています。

その下の石柱の部分の正面に「廿二夜佛」と彫られています。つまりこれは「二十二夜塔」と言われる石造物です。

江戸時代の天保四年(1833年)に建てられたもので、「願主惣連 下黒岩村 谷津 田中 阪下」とあります。

二十二夜とは月齢を表す呼び方で、月の形でいうと「半月・下弦の月」です。

共和公会堂には、他に次のような石造物があります。

弘法大師座像

名号塔「南無阿弥陀仏」(二つに折れています)

道祖神

庚申塔

シリーズ黒岩探訪46  → 石造物集中地区

シリーズ黒岩探訪46  → 石造物集中地区 46sekizoubutu.pdf

 黒岩地区には、中世の鎌倉時代に制作された「正嘉銘板碑」(黒岩探訪第4号で紹介済)があり、県内でみても古いほうで貴重な文化財になっています。

 その他の石像物は古くても江戸時代以降になります。この時代の代表的な石造物は、「庚申塔」「道祖神」「馬頭観音」です。特に庚申塔は多く合併前の旧富岡市の範囲で980基を数え、石造物全体の30%を占めています。

 正嘉銘板碑の他にすでに紹介した石造物

黒岩探訪14号 機足百庚申

黒岩探訪24号 赤城神社

黒岩探訪27号 大日尊

黒岩探訪30号 衣笠大神(蚕神石造物)

黒岩探訪37号 砂田西墓地

 今号では、石造物が集中している所を紹介します。

向戸公会堂

共和公会堂

田中前墓地

シリーズ黒岩探訪45  → 寒中の候

シリーズ黒岩探訪45  → 寒中の候 45kanntyuunokou.pdf

寒中とは、小寒(寒の入り)から大寒をはさんで立春までの期間です。

1年で最も寒い時期と言われます。また、黒岩探訪21号、22号で述べたように黒岩地区は放射冷却現象が顕著に現れるので、朝方の気温はとても下がります。

さて、昨年と今年では、寒中期間どちらが寒かったでしょうか?

最低気温をまとめてみました。

柱状グラフで表すと

私の感覚では、やはり昨年の方が寒かったと感じます。

共和地区の寒念仏塔(寒行供養塔)がありました。この寒い寒中に修行を積んだ記念に建てたものです。黒岩地区には、他に大日尊や黒岩神社に見られます。

笑う シリーズ黒岩探訪43  → 黒岩小のお宝 黒岩かるた 

シリーズ黒岩探訪43  → 黒岩小のお宝 黒岩かるた → 43kuroiwakaruta.pdf 

黒岩小学校のお宝パート2です。

小学校には黒岩かるたが残っています。このかるたは次のような手順を経てつくられました。

S56年度 かるたの読み札の文を募集

S57年度 かるたの読み札の文を検討

S58年度 かるたの絵を五年生が作成

S59年度 かるたの解説文を作成

平成6年には13枚ほど読み札を改訂したほか、ベニヤ版絵札の制作をしました。

また、平成29年度には6枚の読み札の改訂を行いました。

読み札を挙げてみます。

黒岩かるた 3世代

第1 昭和56~59 絵は昭和58年5年生

第2 平成6年

第3 平成29年 

 

あまちゃで にぎわう 黒岩大日尊

いつまでも 心に残る 黒岩歌舞伎

うすいと 黒岩むすぶ 一丁八丁

えいえんに 郷土を見守る 富岡霊園

H6 笑顔で 元気に 仲良し遊び

おおかみの れいを祭った 新田山神様

かくし谷津から 街を見守る てんぐさま

きょうもまた 無事故を願う 交通指導

くろいわの 歴史を彩る 野口助之丞

けんない めい所めぐりで 持久走 

H6 ゲートボール 交流深める 北グラウンド

 H29 けもの道 つき進んでく 里山コース

こんじょうと 体力をきたえる 少年野球

H6 心を 一つに 大運動会

さわやかに 走って楽しい サイクリングロード

じゅずまわし あくまをはらう 念仏こう

すすめよう 北部開発 夢の都市 

H6 進めよう 北部開発 文化の街

 H29 砂田の郷 石仏石像 並んでる

せかいの幻 おおつのしかの 化石骨

そん民の誇り 北甘楽郡史の 本多亀三

だいにちまつり ハシカまよけの ハリのこぶ

ちから合わせる 黒岩 少女バレー

H6 地域を つなぐ 黒岩公民館

つうがくろ いつもきれいに 交通安全

でんとうを 勝利で守る 上毛かるた

H6 伝統と 暮らしを伝える ミニ農具作り

とおき 古代を想う 古墳群

なかよし清掃 学ぶ協力 働くよろこび 

H6 仲良し清掃 学ぶ協力 働く喜び

 H29 なかよし遊びで きずな深まる

にこにこと 手紙を見ている お年寄り

ぬれた参道 ふんで 大日公園

H6 温もりを みんなで味わう 親子ハイク

ねがいこめ 百庚申の 行者塚

のうぎょうの 守り本尊 赤城神社

はた足の ゆらいをかたる おり姫塚

ひとびとの 病を救う 双体神

ブルーギル プランクトンも 豊富な黒岩つつみ

H6 故郷 きれいに 星川清掃

ベントナイト ろ天掘りの 豊順鉱業 

H6 ベントナイト 露天掘りの 鉱業資源

 H29 ベレー帽 かぶって安全 呼びかける

ほしかわの 流れにそって コスモスの道

まっしろな 南極めざす 本多かん長

みせよう 無事故の誇り 西毛自動車教習所

H6 見せよう 無事故の誇り 交通安全

むかしから 大人と子どもで えんぎの神楽

めに浮かぶ 思い出深い 旧校舎 

H6 目指そう 誇ろう 花づくり

 H29 めずらしい 種類たくさん しゃくやく園

もえ上がる 炎にねがう どんど焼き

やつ谷津の 田畑うるおす 黒岩つつみ

ゆうけいは 富岡一の 十王山

ようさんと 豊作ねがう まゆ玉づくり

らん世を 物がたる 高林城跡

りそうの 街づくり 富久ニュータウン 

H6 理想の 学校づくり 児童会

 H29 利用者の 笑顔あふれる もみじ平

ルールを 守って 集団登下校

れいぎ 正しい 黒岩小学生

ろっかくどう 憲法つくった 聖徳太子

わが里は 九十九谷の 山合いに

 

笑う シリーズ黒岩探訪42  → 黒岩小のお宝 黒岩地区の紙芝居8冊

シリーズ黒岩探訪42  → 黒岩小のお宝 黒岩地区の紙芝居8冊 → 42kamisibaiseisakunenndai.pdf

黒岩小学校に八冊の大型紙芝居が残っています。これは黒岩小学校のお宝で、現在でも、総合的な学習などの地域学習や業前の時間などで活用されています。

これらは、黒岩小学校で地域学習が盛んだった昭和の末期に作成されたものです。下表のとおり、現在42歳~48歳の方々がこの制作に関わっています。

 kamisibaiseisakunenndai.pdf

 

NEW シリーズ黒岩探訪41 黒岩の小字名4 「畑」関係

シリーズ黒岩探訪41  → 黒岩の小字名4 「畑」関係 41koazamei4.pdf

黒岩探訪26号で示したように黒岩には、全部で75の小字名があります。これを次のようにグループ分けしました。「谷津・田」「畑」「山」「川・用水」「坂道」「寺社等」です。

黒岩探訪29号で「谷津」「田」

黒岩探訪38号で「寺社等」に関わる十王山

黒岩探訪39号で「川・用水」を取り上げました。

今回は、「畑」に関すると思われる小字を取り上げています。

かぶら聖苑西側の「原」の畑。

耕作土の下には、1万3千年以上前のローム層が広がっています。

かぶら聖苑東側の畑。小字は「大坂原」あたり。

夜 シリーズ黒岩探訪40 おおかみの霊を祭った新田山神様

シリーズ黒岩探訪40  → おおかみの霊を祭った新田山神様 40sinndennnoyamagamisama.pdf

江戸時代から続く新田の年中行事です。曜日にかかわらず毎年11月11日、12日が祭日となっています。今年も行燈が並び、12日には、山頂の石宮にお赤飯が供えられました。

慶應二年