避難訓練(地震)

まる10時休みを使い、「予告無しの避難訓練(地震)」を行いました。「自分の命は自分で守る」をめあてに緊急時の対応について確認しました。緊急放送を受け、校舎内にいる子どもたちは、頭を保護したり、机の下に潜ったりして避難することができました。校庭で遊んでいた子どもたちは、校庭の真ん中に上級生が下級生に声をかけて避難することができました。揺れがおさまった次の行動として、避難開始の合図の元、素早く校庭に整列して静かに待つことができました。スクールガードリーダーの富田さんが、「訓練としては、100点。実際に避難するときにいかせるよう振り返りをしっかりしましょう」というお褒めの言葉をいただきました。自分で考え、自分で行動することができました。花丸